VS

 

水色が更新、変更箇所

みなさんの対策をまとめてみました

 

 【立ち回り】

 6HSガードして反確、足払いは読めてるなら低ダか風神

 中〜遠距離でタンデムしながら見てから各種対応してくるミリアはマジできついね。

 自分は3K先端を多様してる、疾とか6Sに前転合わせようとするミリアには

 かなり有効。あと今回はP対空が結構使える気がする。 

 


 

・ミリア対策(以下アクセントコア版)

【立ち回り】

相手次第だけど立ち回り上注意したいのはサイレントフォース。

空直ガ狙いの垂直ジャンプが一番リスクリターン面で優秀、後は避ける。

 

ミリアが今回一発からループで殺せなくなってるので負けじと紅を打とう。

紅読みの行動はサイレントガードしても簡単に逃げられるので的を散らすこと。

JDは6SのGPで受けつつ殴るとか、リターンに特化したいならJDの

上半身無敵ですかしつつ殴れ。

 

通常技の相性はとても悪い。これは地上、空中どっちも悪い。

全キャラ中1〜2を争う悪さであることに注意。

引っかかりはそんなに痛くないかもしれないが相打ち上等はリターンが無さ過ぎる。

 

牽制の疾は読まれない程度に抑えていくこと。とりあえずHS風神を当てるところ

までいこう。HS風神が当たったら2366HS風神⇒臨を使ってループに持ち込む

こと。通常技よりダメージが大きいので、ゲージは無駄遣いくらいでちょうどいい。

 

針を使った攻めは全キャラ、前ダッシュとバックジャンプで対策できるよ。

正確には針から空中ダッシュで触るの攻めって意味だけどね。

以前と違って高めで生針を喰らってもダウンってが無くなったから、

少し楽なんじゃない?針投げたら上からくる人が大半だから、

ジャンプ攻撃にGPは良いかも。

 

地上戦はミリア側の後だし足払い、前HS、セイバー、(下HS)あたりがガンに

なってアンジ側から能動的に技を置けなくなってる。

一般的に技相性ってのは双方同時に出した場合の相性で判断されがちだけど、

技の長さと時間差っていう要素があるから地上戦はミリアが有利だな。

前作までも足払いが前Kに負けるとかいう話はあったが、足払いバリヤーが負ける

ってだけで後刺しなら勝てる、近S、下S相手も同様。

 

基本待ちで相手の行動を潰す感じで立ち回ってる、ミリア2Dは2Sでカウンター

させてフルコン、ミリア側はその2Sを潰す為に6HS、遠S、アイアンセイバーを

出してくる、前二つはダッシュ6KのGPから紅やら蒼で

アイアンセイバーはジャンプしてJSをカウンターさせてエリアル

サイレントフォースはガードしてもいいことないので、相手が飛んだらこっちも飛んで

読み愛拒否。飛んだ後毛が当たらない位置でJD置いとくと、毛を投げた後の

空中ダッシュも潰せる。何より毛を無駄使いさせらるし、その後回収もしにくい。

 

【起き攻め】

起き攻めはわかんね。リバサ前転はいくらなんでも卑怯じゃありませんか?

疾打ってダッシュしてると前転で位置が変わっても振り向いてくれない。

触っても逃げられやすいので通常の疾攻めはあまり意味を成さないことに注意。

電波行動を取らせられる羽目になるが固めることより当てることを考えよう。

前転ウザイなら2Sを振る

 

【被起き攻め】

これはもう今までのように・・・。どうせ見えないのでガンFDにファジーしましょう。

裏周りだけでもガード率あげると違います。

 

【ミリア側の闇慈対策】

むこうの闇慈対策は2D連打。2Dはスキも小さいし、それからたまにHSタンデム

置いてはまたひたすら2D。HS風神対策。足払いに2Sで勝ちでもタンデム

張ってたらきついな。それに対応してきたら6HSで潰していく。6HSをGP取られても

安いし牽制の必要経費。見えた時は前転。疾攻めも前転あるし避けやすい。

 

【コンボ】

(画面端)HS風神>凪刃>受身不可→最遅凪刃

(中央)陰>HS風神 対応

○HS>HS風神>FB臨

相手を画面端に追い詰めた状態でHS風神ヒット>FB臨を出した場合の状況です。

○はめくりでヒットし、ダッシュ5Sや低空ダッシュで拾ったり、

HS風神>FB臨を再度当てたり出来ます。

 

P戒>K>S>陰→低空ダッシュP>S>HS>着地K>S>陰 219

空投げ>陰→低空ダッシュP>S>HS>着地K>S>陰 162

弐式RC>HS風神>立ちP>陰>HS風神>2P>K>S>陰 259

P戒>S>S風神足払い>S風神・一足>2P>K>S>陰

 

画面端ダウン取れる空中コンボ(画面端密着、P戒、K戒、低空弐式)

SS>HJKSHSD弐式

近Sにディレイ。壁密着K戒始動時は最遅KSS>HJ〜

 

P戒>S>S>JK>JS>JD>弐式>JD>弐式

ミリアP戒から低めに拾って(JK>JS>JD)のところを、ディレイかけてなるべく

相手の真下あたりで弐式をあてればいける、でも安定はしないかも。

 

(画面端)P戒>P>HJK>JS>弐式>降り際JK>P>HJK>JS>JHS>JD>

弐式RC>陰

 

画面端空コン>弐式RC>空中ダッシュ>JD>弐式持続当て>JD>ダウン

JDの攻撃判定の上の方を当ててディレイ弐式やると弐式の持続が当たって、

JDが黄ビートになる。GB溜めた後に空コン行く機会があれば、

狙ってみるのもいいかも。

空コン例 P戒>K>S>HJK>S>D>弐式RC>空中ダッシュ〜

 

HS風神>FB>HS風神>(壁バウンドで位置入れ替え)>K>5S>

2D>S風神>FB>HS風神>(壁バウンドで位置入れ替え)>K>5S>

FB臨>(この時点で3HIT以下)>一瞬待って2HS>S風神>一足>K>5S>HJ>JD>弐式

FB臨>(この時点で4HIT以上)>一瞬待って2HS>S風神>一足>K>5S>HS

FB臨>一瞬待って2HS>S風神>一足>2P>P>目押しP>

 

開幕HS>HS風神一足PJKJSJHSJD針 187

 


 

・ミリア対策(スラッシュ版)

6HS対策】

6HSはスカったの見てからHS風神するといい感じ。6Kで潰すのも悪くない

またダッシュ足払いも信頼できる。

 

【起き攻め】

端での疾攻めは前転を読むのが大事。

特に甘い重ねになる場合とか、キャンセル疾なんかの場合には前転される可能性が

高いのでここぞとばかりに合わせていく。

前転後はまず投げを狙ってくるだろうから裏周りのP戒出しちゃうとかね。

見てから遅めで出せると強いよ。つまり端での疾攻めがかなりリターンの大きい

読み合いに持っていけるから重要項目ね。被起き攻めはなんとかしのいでください。

 

【立ち回り、遠距離、中距離等】

固めたくてもFDですぐ離れちゃうのが痛いから、投げを意識

固めるなら立Pと立K多めで。

針撃ってくるタイミングで疾撃って飛び道具相殺とか、疾2が派生して

高速落下等で突っ込んでくるミリアを多少邪魔出来た過信は危ないネタ程度で

あと立P対空はJDに負ける事があり、相打ちでもおいしくない。GPが無難でしょう。

 

遠距離からの接近ゲーでは、ミリア足払いに近SCH勝ち>ダッシュ足払いで

疾攻めに前HSには負けるが起き攻めされるだけだし、CHしないとリスクリターン

かみ合わないからミリアはあんま振ってこないと思われ。

Sで足払い狩ってると振ってくるようになるんで、そうなったら前Kとジャンケン

HS風神が直接足払い食らわないくらい遠い位置から、

空振り>一足or臨の2択でも近づける。

 

足払いの内側に入り込んだら今度は前Kや屈Sの出番

6K2S5Sが主力でたまにHSまた空中から行くのは、アリだと思うよ。

闇慈のJS先端はホントに強くて、ミリアの6P、立P、に勝てたりする。

2HSを振るようになったら、目の前に着地して2HSの硬直へ接近。

今回、ミリアの6HSのリターンが増加したため、地上戦オンリーだとダメージ

負けすることが多い。

 

ミリアの昇りJK滞空は闇慈戦をわかってるミリア使いはやってこないと思う。

こっちの昇りJDCHを取ることができるため。

 

【起き攻め回避について】

ミリア相手にリバサGPは結構いい根性ガードに加えて

レバー後ろ+HS or JFD起き攻めはこれだけで対処すればいい。

 

【ミリアの立ち回り】

中距離では足払い6HSが辛い。特に相討ち上等6HSがかなり。

ミリア側のコンボが間に合うから一番くらいたくない。

 


 

ミリア対策(以下全部青リロ)

ミリアが使う対空は、立P、前Pの2種類。闇慈がJDJSを使っても負けることが多く、

相手がギリギリまで密着しているとJSがスカる。ミリア側が辛い牽制技として、

ジャンプでふらふらする。らしい。つまり二段ジャンプとJDの使い分け=対空の

タイミングを絞らせない。たまに前HJ最速JDとか使って事故らせれば陰までいける。

 

当てるつもりでJDJSは出さないのが基本。ただし見せる牽制としてはあり。

当てるなら事故狙いでミリアの昇りJKにカウンターを狙いたい。

 

地上戦もつらい。

簡単に転ばされるので地上の牽制は控えるのが基本。ハイリスクでリターンの

まずない中距離での牽制はだめ。一応ミリアの足払いに中距離からの前K

カウンターヒットするけど事故。しかもリスクの高い事故。過信は禁物。

転ばせる手段としては当て投げかな。それくらいしか思いつかない。

 

疾攻め、これ難題。

FD一択で足払いまでつながらない。相手はFDが基本ガードになるけど、そこに

根性ガードとジャンプ混ぜればまず当たらない。よって疾攻めを3回以上

継続させるのは至難の技。こっちは一応ディレイや投げを使いたいけど、

投げはさらに間合いが離れるのでトドメとかで。疾攻めは当たったらなるべく

ダメージ取れるように彩を。ミリアは防御力が低いから、闇慈の確実にダメージ

取れるところで取っておく。体力をある程度奪っておけば相手の行動にもある程度

制限がかかってくるはず。まぁガードを固めがちになるだとか、安定行動に走るだとか。

そこで読み合いが多少有利になればOK。そこから読み勝って勝ちに行きたい

 

ミリア側の声

何より前Kを意識して戦わないといけない。通常技関連は前HS以外全てが

負けるか相打ちになる。幸いGPで取られた場合は次のガトリングを繋げていない限り

カウンターにならないので牽制は単発重視。

 

地上戦

使う技は足払い、遠S、立ちHS、前HSSデム、セイバー。最後の2つはばれると

痛いので控えめ。足払いは前Kに負ける、場合によっては立ちHSにも。

しかし闇慈が立ちKや屈S等の間合いに入ろうとした場合に出鼻をくじくような形で

当てることができる。つまり置き技に弱い置き技。遠Sは立ちHS、前KGP関連に

やられるが、確認前転である程度はやっていける。これも足払いと同様のタイプだが、

Kより立ちHSに負けると痛いという点が違う。あとはリターンが少ないことか。

一応振って意識させるといい。

 

立ちHSは基本的に立ちHSにしか負けない。それに取られてもヒット後に彩が

当たらない距離にいることが多い。空振ると接近される恐れもあるが、それほど

隙があるわけではないので大丈夫。そして当然リターンが薄い。

 

HSは何か出されていればほとんど勝てる。空振ると例のごとく距離を詰められ

やすいくらいでリスクは少ない。ヒット確認ができるのならガーデンを張るのが

一番効果的。生身の起き攻めはやりにくい。Sデムは前Kにカウンターを

取れることが多く、当たりさえすれば大きなリターンが返ってくる。しかし距離に

よっては先端立ちHSと足払いが確定するので慎重に出したい。

 

セイバーは前HSのリスクとリターンが増えたものと思えばいい。つまりほとんどの

技に勝てて、当たれば転んで起き攻め、跳んで避けられたら痛い反撃確定、

ガードさせれば問題なし。

 


 

まとめ中

 

 

 

戻る